高校生プレゼンコンテスト2014

テーマの解説(詳細)

戦後奇跡の復興を遂げ、世界有数の経済大国にまで上り詰めた私たちの国、日本は少子高齢化社会による労働力の低下やガラパゴス化が進む教育、1000兆円にものぼる財政赤字や慢性的な政治不信など、様々な問題を抱えています。そんな中、世界ではグローバル化が一気に進み、日本もその波に遅れまいと、私たちの周りの生活にも様々な変化が起こっています。しかし、私たちはグローバル化と題して文化を合わせたり、ただ語学力を高め、コミュニケーションをとれるようにすることが果たして本当のグローバル化なのか、疑問を持ちました。

本当のグローバル化とは、「日本を深く知り、愛した上で、地球規模で日本を発信し、未来の日本を世界と共に尊重し合って築いていくこと」だと考えています。そのための第一のステップとして、まず、日本とは何なのか、特に日本の良さとは何かを知るために、このテーマを設定しました。

 

観点

1、あなたの感じる日本の良さが表現されているか

2、あなた自身の活動や体験談が含まれているかどうか

3、あなたの考えを社会に生かすためにはどうしたらいいかが示されているか

その他の審査基準となるポイント

観点以外にこれらのことが抑えられているかどうかも審査する上で参考にします。

・意外性、独自性があるものか

・足元である自分の地元を含めているか

・比較対象が世界のように、広い視野を持てているか

・良さの他に問題点や弱み、それに対する改善点が述べられるかどうか

・自らの志(これからどう行動していくのか)などが示せれているかどうか

・予選審査(書類)では誤字脱字がないかどうか

 

前回のプレゼンコンテストの様子

 

詳しくは京都教育懇話会のホームページをご参照下さい。